発売から20年近くなるバイアグラ

古来より性についての研究は様々行われてきました。世界各国の昔の人々は天然のハーブ、生薬、漢方として使用することにより、性を高めることを行い活用してきました。

この古来からの知恵は現在でも使用されており、サプリメントなどに活用されています。

そんな中、新たに発売されたのがバイアグラです。

ED治療薬としての最初のお薬で、すでに発売から20年近くなりますがこのバイアグラの出現により、性への研究は一段と飛躍しました。

そんな現在の性への現在をバイアグラを中心にまとめていきたいと思います。

バイアグラ発売前のED治療方法

バイアグラが発売されたのは1998年(日本では1999年)で今からおよそ20年ほど前になります。

ちなみに1998年という年は、冬季オリンピックが長野で開催され、フランスで行われたW杯に日本が初出場し、セガのドリームキャストが発売された年でした。

ではバイアグラが発売される前のED治療とはどんなことをしていたのでしょうか。

今ではED(勃起不全)と呼ばれていますが、昔はインポテンスと呼ばれていました。

今でもインポという言葉の名残として残っていますね。

泌尿器科に受診すると、現在はバイアグラ等のED治療薬を処方されて症状をみていくことになりますが、昔は勃起をするかどうかの簡易テストを行ってEDかどうか判断していました。

・ AVSSテスト…患者さんにAVを見せて勃起するかどうか判断する方法

・スタンプテスト…寝る前に切手をペニス周囲に巻いておいて、朝起きたら切手が切れているか確認する方法。

・夜間陰茎勃起現象測定…測定器を用い、睡眠中に勃起するかどうか確認する方法。

スタンプテストや夜間測定では睡眠中の生理現象で、複数回の勃起現象が起こるためでそれを測定しています。

朝立ちも夜間勃起現象のひとつです。

このようにバイアグラ発売前はEDの症状を確認するためかなりの頻度で行われていたそうですが現在での使用はかなり減少しています。

これもバイアグラ発売のおかげですね。

病院へ行くのが苦手な方はバイアグラを通販で個人輸入する方も多くなっています。個人輸入代行サービスなどを利用すると1週間程度でご自宅に届きます。

病院へ行く前に

実際、EDかどうか病院へ行くことは大きなハードルと感じることでしょう。

バイアグラ服用も服用者の死亡例があるためためらうところです。

このサイトでは少しでもEDへの知識を増やし、あなたのED治療に役立てるよう作成してみました。

次のページより、勃のメカニズムからバイアグラ以外のED治療薬まで紹介しているのでチェックしてみてください。

このページの先頭へ