第三のED治療薬シアリスとは

シアリスは日本で2007年に発売が開始された第3のED治療薬です。

今までのED治療薬の弱点を改善させたED治療薬でとなっており、2013年では世界100か国以上、1000万人の患者さんに使用されております。

世界シェアも42%と世界で一番のED治療薬となっております。

世界シェアが高い理由は有効性分の効果が大きいようです。

有効成分タダラフィルの効果

シアリスの有効成分はタダラフィルという物質で、バイアグラやレビトラの有効成分と同じく、勃起抑制酵素を阻害させ、血流を改善しぺビスへの血流を促進させ勃起へ導く効果があります。

タダラフィルの特徴として、作用効果が長い点があります。

バイアグラやレビトラの作用時間が5時間前後に対し、シアリスの有効成分タダラフィルは20時間以上となっております。

そのため、翌日でも効果が持続しているため、週末に利用する「ウィークエンドピル」として呼ばれています。

ただし、即効性は弱く、服用後1時間~3時間ほど効果を発揮するのに時間がかかります。

また、副作用が弱いのも特徴です。

即効性が弱いため、副作用も弱くなるため、初めて利用される方に処方されるのが多いです。

こういった理由が世界シェアNO,1なのだと思います。

シアリスの注意事項

シアリスもほかのED治療薬と同じく副作用があります。

副作用は他の治療薬より弱いため、初めての方や高齢者によく利用されます。

ただ、シアリスは錠剤が大きいため、飲みにくく感じます。

服用の際は注意しましょう。

また、柑橘類など特にグレープフルーツジュースなどで服用してしまうと、思わぬ作用を発揮してしまう恐れがありますので、フレープフルーツジュースにも注意してください。

また、併用禁忌薬もございます。

こちらは他のED治療薬と同様に、何かしらの治療中でお薬を処方されている方などは必ず専門医に相談をしてください。

このページの先頭へ