ED治療薬では一番多いのがバイアグラジェネリック

バイアグラのジェネリック医薬品は多数存在します。

日本では2014年に成分特許が切れたことから、日本の製薬会社からも多数のバイアグラジェネリックが発売を開始されました。

世界ではジェネリック医薬品大国であるインドの製薬会社が多数のバイアグラジェネリックを発売しております。

このページでは世界のバイアグラジェネリックを紹介していきたいと思います。

日本の製薬会社でのバイアグラジェネリック

日本で承認されているバイアグラジェネリックを販売する製薬会社はファイザー、東和薬品、キッセイ薬品、陽進堂、武田薬品、富士化学工業、本草製薬、摩耶堂製薬、辰巳化学、アルフレッサファーマ、デバ製薬となっております。

どの製薬会社のバイアグラジェネリックも使用に際して大差はなく、唯一、東和薬品のものが、OD錠というラムネのように溶ける水なしで服用でき、レモン、コーヒー味があるという特長を持っています。

また、錠剤を割りやすくする割線も入っているので、含量の調節もしやすいでしょう。

カマグラシリーズ

カマグラシリーズを販売するアジャンタファーマ社はインドのムンバイの本社を構える製薬会社で様々なジェネリック医薬品を手掛けています。

特にバイアグラジェネリックであるカマグラシリーズは世界的に有名です。

人気の理由の一つとして服用方法ごとにカマグラが存在していることもあります。

一般的な錠剤タイプのカマグラゴールド以外に、コップの水に錠剤を溶かしてから服用する発砲タイプのカマグラ発砲錠はオレンジ味で小児用シロップのように服用できます。

セリー状になっているカマグラオーラルゼリーは7種類のフルーツ味があり水なしで服用できます。

口の中で溶かしたり噛んだりして服用できるカマグラチュアブルも飴感覚で服用でき水もいりません。

それぞれが特徴があり、水なしで服用できるものは外出時にも使用しやすいと思います。

また、錠剤タイプより体内吸収が早いため効果の発揮が早いのも特徴です。

このように、一つの会社でいくつものバイアグラジェネリックを発売しているのが世界の情勢となっております。

早漏とEDの療法を改善する合体版

早漏改善薬とED治療薬を合体させたバイアグラジェネリックも存在します。

勃起したのはいいが、早漏ではちょっと・・・という方にはオススメとなります。

日本での認可品はないですが、カマグラシリーズでも存在し、スーパーカマグラはバイアグラの有効成分シルデナフィルと早漏治療薬の有効成分ダポキセチンを配合しております。

その他のメーカーからもスーパーPフォース、スーパーハードオン、スーパーフィラグラなどいずれも「スーパー」がついた一段上のお薬となっております。

このページの先頭へ