第2のED治療薬レビトラ

レビトラはバイアグラに次ぐ第2の治療薬として誕生しました。

日本では2004年に発売が開始されました。

日本で認可されている含量は20㎎までで、海外での60㎎と比較すると含量は少ないです。

しかし、含量が高いとその分副作用も強くでるため、症状に合わせて使用することが重要です。

また、初めての方や高齢者の方は含量が少ないものから使用するようにしましょう。

レビトラはアスピリンで有名はドイツのバイエル薬品社が発売を行いました。

レビトラの名前の由来は英文の「LEVITRA」はフランス語の男性定冠詞である「le」とラテン語で生命の「vitra」を合わせた造語であり男性の生命という意味が込められた名前となっております。

有効成分バルデナフィルの効果

レビトラの有効成分はバルデナフィルと呼ばれる物質です。

バイアグラのシルデナフィルと同じく勃起抑制酵素の働きを阻害することで血流を改善し血管を拡張させて勃起に導くお薬です。

水やエタノールに溶けやすい性質をもっているためED治療薬の中では即効性が高く、服用後30分ほどで効果を発揮します。

作用時間はバイアグラと同じく4時間ほどとなっており、含量が多いと作用時間も長くなります。

バイアグラは食事の影響を受けやすいですが、レビトラは食事の影響を受けにくいため、あっさりとした食事なら服用前の食事でも効果があります。

レビトラの注意事項

バイアグラと同じくレビトラにも副作用があります。

副作用はバイアグラとほぼ同じで、顔のほてりや目の充血が中心にあらわれ、頭痛や動悸、消化不良、視覚障害などが報告されております。

ジェイ用禁忌薬もあるので、お薬を服用中の方などは必ず専門医の相談をしましょう。

服用後、副作用を強く感じた場合も専門医に相談をしましょう。

このページの先頭へ