第4の最新ED治療薬ステンドラとは

日本未認可治療薬

日本では未認可ながらも新しいED治療薬として2012年に世界登場したのがこのステンドラです。

含量種類として50㎎、100㎎、200㎎があり、1日1回症状に合わせて服用することになります。

他のED治療薬より、表示含量が多いため、間違えないようにすることが必要です。

今までは三大ED治療薬と呼ばれていましたが、世界では新たに登場したステンドラ。

後出しでもあるステンドラですが、新たな特長がないと今までのED治療薬の牙城は崩せないはずです。

ステンドラの有効成分にはどんな効果があるのか知らべてみました。

ステンドラの有効成分はアバナフィル

ステンドラの有効成分はアバナフィルと呼ばれる物質です。

他のED治療薬と同じく、勃起抑制酵素の働きを阻害することで血流を促進させ勃起へ導きます。

このアバナフィルですが、もともと開発したのが日本の田辺製薬社でしたが、2001年に販売権をVIVUS社に譲渡した経緯があります。

その後、VIVUS社は開発を進め、2012年にFDA(アメリカ食品医薬品)に承認され発売を開始しました。

ステンドラの有効成分アバナフィルは、三大ED治療薬の有効成分より即効性があり、食事の影響を受けにくいとのことです。

作用時間はシアリスほど長くはありませんが、6時間ほどと、バイアグラやレビトラと同程度との報告があります。

ステンドラは第4の治療薬として十分な力を発揮できるED治療薬となりますが、日本での認可はまだまだ先のようです。

ステンドラの注意事項

ステンドラも副作用や併用禁忌薬があります。

副作用の報告では頭痛、鼻づまり、腹痛などの報告が上がっております。

他のED治療薬での顔のほてりや目の充血なでが上がっておりませんが、同じ勃起抑制酵素阻害薬ですので、他の副作用も覚悟しておいたほうがよさそうです。

併用禁忌薬では心臓系疾患など中心に存在します。

心臓系疾患以外のお薬を処方されている方も必ず専門医に相談してから服用を開始しましょう。

このページの先頭へ